薄毛や抜け毛を促進するさまざまな要因とは・・・

20歳代で、まだ若いのに薄毛や多量の抜け毛の悩みを抱える男性は多くいらっしゃいます。

また、薄毛や抜け毛などの脱毛症の悩みは男性特有のものと思われがちですが、近年は女性の脱毛症も増えているようです。

しかし、女性にとっては「髪は命」とまで言われ、男性にとっても、いつになっても髪はフサフサで若々しくいたいもので、髪は性別を問わず、とても大切なものです。

そんな髪が、抜け毛が増えて薄くなってしまう原因ですが、年齢による老化は人間として生きている以上、どうしようもないことですが、生活習慣によってコシやハリがなくなり、多量の抜け毛が発生し、薄毛になってしまうケースは絶対に避けたいものです。

男性の薄毛は、AGAと呼ばれる男性型脱毛症がほとんどで、遺伝的な要因が強いと言われていますが、実は、女性の脱毛症は日頃の生活習慣が深く関わって、それが原因となって発症するというケースが特に多いのです。

実際に薄毛を促進する要因はさまざまですが、特に大きな原因となりがちなものに不健康で乱れた生活習慣が挙げられます。

睡眠不足や栄養が偏った食事が続き、さらに、ストレスが溜まるような乱れた生活習慣は、ホルモンバランスを崩して皮脂の過剰分泌になったり、髪に必要な栄養が不足するなどして多量の抜け毛が発生する原因になります。

また、頭皮を不衛生にしていることも薄毛や抜け毛の大きな原因になります。

頭皮に余分な皮脂や汚れが付着している状態は、毛穴を塞いで抜け毛を促進することになり、さらに、細菌が繁殖して炎症を引き起こすこともあります。

そして、普段、洗髪に使用しているシャンプーやリンスなどに含まれている洗浄剤やその他の成分にも注意しなければなりません。

もし、今までと違うシャンプーやリンスを使い始めた時に、フケが多くなったり、かゆみがでたり、何らかの違和感や痛みを感じたら、そのシャンプーやリンスの使用を止めて下さい。

シャンプーやリンスに含まれている成分が頭皮にダメージを与えて、頭皮環境が悪化している恐れがありますので、新しいものを使用する時は、まず、十分に成分表示を確認して、自分の頭皮に負担のないものを選びましょう。

http://mofukani.com/

このように、薄毛の要因となるのは主に不健康な生活です。

髪の毛と言っても体の一部ですので、体は不健康なのに髪の毛だけ健康的なのはとても難しいことです。

逆に言えば、健康的な体を維持することによって、薄毛や抜け毛を改善し、イキイキとした健康的で、黒々とした美しい髪を維持することができるわけです。